イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん

> イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん

父ヒカリ、レッド(CH直子)×母ティンク、ブラックタン(ENG.SH.CH孫)

12/7撮影
イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん01

イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん2 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん3 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん4 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん5

イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん6 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん7 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん8 イングリッシュコッカースパニエル ブラック 2015年10月23日生エルヴァちゃん1
サムネイルに触れると上部に拡大画像が表示されます。

 

12/7撮影

Page Top

生後45日のエルヴァちゃんです。
とっても遊び好きで、パワー漲る子です。
しっかりと重量感ある体型に育っています。
いつも姉妹のぽんずちゃんと、さながら喧嘩のようなうなり声をあげて遊んだり、
ピッタリ寄り添って眠ったりの毎日です。

離乳食もよく食べてくれます。

12月21日頃、初回5種ワクチンを接種予定です。
お迎えは、12月26日27日頃です。

子犬達は、prcdPRA(進行性網膜萎縮症)、FN(常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症)
どちらの遺伝性疾患も発症いたしません。
親犬のprcdPRAとFNの検査報告書のコピーをお渡しいたします。

断尾と狼爪切除はしておりません。

 

エルヴァちゃんは、デベソがあります。
成長するうちに、消えてしまうデベソもありますが、手術が必要になるデベソもあります。
おそらく、手術は必要ない状況ではないかと予想しておりますが、
ご心配な場合は、避妊手術をお考えでしたら、その時に一緒に閉じてもらうことをお勧めいたします。

デベソは外科的な治療をすれば、余程のことがない限り、再発することはないと考えられています。

そういったところをご理解いただき、エルヴァちゃんの全てを受け入れていただける方に
お迎えいただきたいと考えております。
よろしくお願いいたします。

 

オーナー様が決まりました

Page Top

 

両親犬

イングリッシュコッカースパニエル ヒカリ

父:ヒカリ レッド (JKC.チャンピオン直子)

ものすごい甘えん坊で、人が大好き。
側から離れようとすると、両手を体に絡めてきてしがみつきます(笑)
ピッタリ側に寄り添い、じっとしているので、かなり癒されます。

・prcdPRA(進行性網膜萎縮症)=CLEAR
・FN(常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症)=CLEAR

祖父:JKC.CH
※ 祖父方曾祖父はアイルランド産
さかのぼって全てグレートブリテン産
祖母:AM.CH/ENG.CH直孫

イングリッシュコッカースパニエル ティンク

母:ティンク (ENG.チャンピオン孫)

とても理解力のある賢い子。
しつこくないさらっとした甘え方をしてきます。
Eコッカーは男の子の方が、スキンシップを好むのかな。


・prcdPRA(進行性網膜萎縮症)=検査済み
・FN(常染色体劣性遺伝腎症/家族性腎症)=CLEAR

祖父方曾祖父:SH.ENG.CH
祖母方玄曾祖父:AM.CH
※ 祖母方玄曾祖父からさかのぼって全てAM.CH

 


続きを見る

Page Top