シリアスブリーダーの定義

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

 > シリアスブリーダーの定義

シリアスブリーダーの定義

数少ないシリアスブリーダー

犬に関わる人達の中には、動物愛護の精神を忘れている人も多く存在しますが、
ほんとうに犬を愛し、犬のことを考えて行動するブリーダーも
ほんの少しですが存在すると思います。

私は、そういったブリーダーをシリアスブリーダーと呼びたいです。


ショーブリーダーの中にも、当然シリアスブリーダーは存在しますが、
全てのショーブリーダーをシリアスブリーダーと定義するのは、
明らかに間違いだと思います。

生まれてきた犬を全て手元に残しながら、ショーで勝つためには、
多くのスタッフと膨大なお金が掛かります。
タイトルを取れる犬にはお金をかけても、そうでない犬は里親に出します。


シリアスブリーダーとは、
ショーブリーダーであれ、いわゆる繁殖屋であれ、
程度の差はあるかもしれませんが、犬質向上を考え、
可能な限り、自犬舎の犬を最期まで手元で育てるか、
あるいはきちんとした里親様を探し、
その子の将来を託すために努力を惜しまないブリーダーだと思います。

どんなブリーダーでも、犬を食べさせる必要があります。

そのためにも利潤を追求することは必須ですが、
基本のところで、ちゃんと犬のことを考えて 行動できるブリーダーであれば、
その名に恥じないと思います。


犬に関わる人が少しずつ意識を変えていくだけで、
犬達の環境を整えることができると思います。

犬達が今以上の幸せを得るためにも、犬の幸せを本気で考えるブリーダー
そして、ブリーダーの本質を見極めることのできるオーナー様が
もっともっと増えてほしいと心より願います。


イングリッシュコッカースパニエル専門ブリーダー グランジュケネルについては、
こちら↑をご覧ください。


以下は、うちで生まれた愛犬を思い描きながら「犬の十戒」をアレンジしました。

Page Top

捨てられた犬 〜心の叫び〜 (犬の十戒)

ボクを迎えてくれた時のことは、決して忘れません。

やさしい家族の中で、ボクはとても幸せでした。
ご主人様とのたくさんの思い出、それはボクにとって、とても楽しくて、
心に深く残ることばかり・・・。
だから、決して忘れることはできません。

でも、もしかしてボクは、ご主人様の理想通りに振る舞えなかったのかもしれません。
そんなボクは、邪魔に思われたのでしょうか?
でも、ご主人様に喜んでもらいたくて、精一杯頑張ったことだけは本当です。

ボクをここへ連れて来たまま、ご主人様の姿が見えなくなったって、
イイ子で待っていれば、 きっと迎えに来てくれるって信じています。

側にいられなくなった本当の訳は、よくわからないけれど・・・

ボクのことを嫌になったからじゃないよね?
そう信じて、ボクはご主人様のことを待っていたいです。

ボクを産んでくれた母さんに、ありがとうって言いたい。
こうして楽しい思い出を宝物にできたのも、命を与えてくれたからです。
生きているから味わえたんだから。
母さん、ほんとうにありがとう!

今ボクは、同じようなたくさんの仲間たちと一緒に暮らしています。
でも、みんな悲しそうです。
ボクもなぜか寂しくて、物足りない気持ちでいっぱいです。

たくさんの仲間たちは、どこかへ連れて行かれたまま、二度と顔を見ることもありません。
その時の悲しそうな目は、今でも忘れられないです。

仲間たちの中には、たまに、新しいご主人に連れて行かれる仲間もいます。
もし、このままボクのご主人様が迎えに来てくれなかったら・・・

ボクも新しいご主人に連れて行かれるのかな?
今度も、やさしいご主人だったらいいな。

―― それとも、 ボクも、誰も知らないどこかへ連れて行かれるのかな・・

他の仲間たちから、二度と顔を見ることもないって思われるどこかへ・・・

ボクには、ご主人様を選ぶことはできません。

だから、イイ子で待っていたら、ご主人様はボクのことを思い出して、
きっと迎えに来てくれると思うから・・。
そうなったら、今度こそ、ご主人様の理想通りに振る舞えるよう頑張ります。

ご主人様、早くボクを迎えに来て! そして、今度こそ、ずっとそばに置いてください!!

それだけがボクの願いです。

ご主人様、これだけは覚えておいてくださいね。

ボクだって生きてるってことを。
気持ちだってちゃんとあるってことを。

天に召される最期の時まで、ご主人様の側で尽くしたいと思っていることを!

Page Top