CORRALET IRVING 股関節・肘関節・膝関節 評価報告書

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

  >  交配犬 AM.CH Corralet Irving   >  CORRALET IRVING 股関節・肘関節・膝関節 評価報告書

 

CORRALET IRVING 股関節評価報告書

股関節形成不全症ポイント評価の解釈について

Corralet Irvingの股関節評価報告書

JAHDの評価結果は左右の股関節のポイントが、それぞれ0から45までの数字で表記されます。
点数が高いとそれだけCHDの特徴的な所見が多く存在しています。

また、総スコアポイントとは左右の股関節のポイントの合計であり、0から90点で表されます。

CHDの病態は、はじめに「股関節の異常な緩み」が起こり、その結果として
「股関節炎」が発すると考えられています。

したがって、CHDの診断は、股関節の「緩みの程度」と「関節炎の有無(程度)」が
主な診断基準となります。

 

← コラレットの股関節評価報告書
クリックすると大きく表示されます。

そして関節炎が起こっていることが明らかな場合は、CHDであるという確定的な診断となります。

JAHDスコアポイントは「緩みの程度」と「関節炎の程度」の両方について得点化しています。
スコアポイントによる結果をより解りやすくするためのコメントが報告書には付け加えられています。

レントゲン写真上に股関節の緩みがほとんどなく関節炎の所見も認められない場合、
そのレントゲン写真上では股関節は正常であると判断することができるため、
こういった場合には「股関節形成不全症の所見は認められません」とのコメントが付け加えられます。

一方、CHDの確定的な診断基準となる関節炎の所見が明らかなものについては、
その程度により軽度、中程度、重度の「股関節形成不全症の所見が認められます」
とのコメントが付け加えられます。

また、レントゲン写真上で以上のことが明らかでないものについてはコメントが付け加えられません。

したがって、このようなコメントが付け加えられていない場合は、
スコアポイントで判断を行なっていくことになります。

CHDのスコアポイントによる結果を理解しやすくするため、
片側のスコアポイントと関節炎の関係を下記のグラフに示してあります。


ポイントと関節炎の関係

CHDの確定的な診断基準となるのは関節炎の所見です。

 

片側の股関節のスコアポイントの見方の例

4~5 明らかに関節炎ではない確率は約60%、グレーゾーンは40%
8~9 明らかな関節炎である確率は約17%、関節炎ではない確率は約6%、
77%はグレーゾーン
12~13 明らかな関節炎である確率は約60%、グレーゾーンは40%
16~17 ほぼ間違いなく関節炎です

 

グレーゾーンの考え方

たとえば同じ10ポイントという診断結果が出た場合でも、レントゲン写真上に
股関節の「緩み」が認められるが「関節炎」が認められない場合や、
「緩み」はわずかだが「関節炎」が軽度に認められる場合などさまざまなパターンがあります。

そのため、股関節の評価に関しては、「完全に正常」と「完全に異常」の間にグレーゾーンがあります。

そのグレーゾーンの場合には、股関節形成不全症による関節炎の程度は遺伝的要因に加え、
様々な環境的要因(肥満、加齢、運動量など)の影響を受けます。

特に同じ遺伝形質をもつ犬であっても、肥満度によって
レントゲン写真上での股関節形成不全症の関節炎の程度に有意な差が出ます。

そのため同じ犬でも、肥満や加齢によって合計ポイントが高くなることが予測されます。

 

繁殖に使用可能か否かを決めるスコアポイント値は、基本的には、
ブリーダーの総合的な判断に委ねられます。
これは、犬のブリーディングはひとつの要素だけをターゲットにして繁殖はできないからです。

その犬種の気質や体型や遺伝性疾患などの多くの要素を考慮し
繁殖に用いるかを判断するのは、知識や経験の豊富なブリーダーの方の裁量によるわけです。

ただし、現時点では繁殖の際に、関節炎の確率が非常に高いスコアポイントの場合には
交配は控えることが推奨されます。

また、理想的には、なるべくポイント値が小さい犬同士を交配させたほうが、
CHDに対する淘汰圧は高くなり、早期にCHDを減少させることが可能となります。

このJAHDポイント制に慣れていただければ、股関節のグレード分類よりもポイント制のほうが、
判断材料として用いやすいと思います。

 

スコアポイントで判断を行っていく場合に、もう一つの基準となるのが、
犬種ごとのスコアポイントの平均値および中央値です。

この数値は、CHDを起こしやすい犬種と起こしにくい犬種があるため、各犬種で異なります。

犬種ごとのこれらの数値は、日本国内で1犬種あたりの登録頭数
(スコアポイントが付けられた頭数)がある程度増えないと正確な数値とはなりません。

そのため現時点ではまだ正確な判断基準となる数値は公表しておりませんが、
将来的には犬種ごとのスコアポイントの平均値および中央値を参考にして、
交配の基準にしていただくことが可能となります。

今後、診断・登録件数が増えれば、犬種ごとにより正確な情報を得られるようになります。

また、繁殖をするしないにかかわらず多くの犬が登録されることにより、
繁殖を行なう犬の近親の情報が得られるようになり、
より系統的に遺伝性疾患をコントロールしていくことが可能になります。

そしてそのことは、今後生まれてくる仔犬たちに起こる遺伝性疾患を確実に減少させていきます。

(※ 全文JAHD より転載)

 

CORRALET IRVING 肘関節評価報告書

犬の肘関節形成不全症(Elbow dysplasia,ED)

Corralet Irvingの肘関節評価報告書

肘関節形成不全は大型犬種あるいは超大型犬種での前肢跛行の原因となる遺伝性整形外科疾患です。

急速に成長する時期の子犬で跛行を起すことがあります。

また、発症が最も起こりやすいのは5~9ヵ月齢前後です。
そのため、その時期の前肢の跛行には要注意です。

EDは結果として二次性の肘関節の関節炎に進行し、成犬時に重度の跛行の原因となります。

 

← コラレットの肘関節評価報告書
クリックすると大きく表示されます。

 

各犬種での発症率ですが、以下のように発症していたという報告があります。

ロットワイラー 46%
バーニーズマウンテンドッグ 40%
セントバーナード 30%
ジャーマンシェパード 19%
ゴールデンレトリバー 19%
ラブラドールレトリバー 15%

 

また、跛行を示す例は氷山の一角であり、症状の出ていない90頭のBernase Mountain Dogを
調査したところ、以下のような報告もあります。

正常 49%
軽度の関節炎 29%
中程度の関節炎 16%
重度の関節炎  9%

 

50%以上の症例では両側性(すなわち、右側と左側の両方の肘関節)に罹患します。
両側性の場合には明白な跛行ではなく前肢の歩様がぎこちなくなることもあります。

肘関節の関節炎になると、関節液の増量、前肢跛行、可動域減少
(完全に肘が伸ばしたり曲げたり出来なくなる)などの症状が現れます。

肘関節の骨軟骨症は、高い遺伝的素因を持つ多因子性の疾患と考えられています。

 

CORRALET IRVING 膝関節評価報告書

膝蓋骨脱臼とは

Corralet Irvingの膝関節評価報告書

膝蓋骨脱臼とは、後肢の膝関節にある膝蓋骨(お皿)がはずれてしまう疾患です。

本来膝蓋骨は大腿骨の滑車溝に収まっていなくていけないものですが、様々な理由で、例えば先天的に脱臼している場合や滑車溝が浅い、繋いでいる靭帯の付き方や筋肉の異常、また交通事故などによる外傷によって後天的にも生じます。

膝蓋骨脱臼には内方脱臼と外方脱臼があり、小型犬には内方脱臼が多く、大型犬に外方脱臼が多いと言われていましたが、最近は大型犬の膝蓋骨内方脱臼もよく見られます。

また、犬は活発に動き回ることが好きなため、初期の段階で飼主が気付かず、無理をして悪化させてしまうケースも多いようです。

← コラレットの膝関節評価報告書
クリックすると大きく表示されます。

 

膝蓋骨脱臼はグレード1~4に分類されます。

月齢的に早い犬の場合は、生後すぐ~数ヶ月で、なんとなく脚の運びが
おかしかったりすることがありますが、その段階で飼主が気付かないことも多いようです。

ワクチン摂取などで動物病院に行った際に、飼主の方から
「「この犬は膝蓋骨は大丈夫でしょうか?」と尋ねる事が必要です。

どの病気もそうですが、早期発見・早期治療がとても大切です。

 

膝蓋骨脱臼の重症度

 

グレード1 指で押すとはずれる。 はずれても自然に戻る。 痛みは殆どない。
グレード2 日常の生活で時々はずれる。 指で押すと戻る。 時々跛行する。
グレード3 常にはずれた状態、はめても直ぐはずれる。 完全に跛行する。
グレード4 常にはずれた状態。 指でははまらない。 骨の変形もかなりある。
患肢にほとんど負重できない。

Page Top