イングリッシュコッカースパニエル DNA遺伝性疾患検査報告書

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

  >  2017年交配犬達を迎えるにあたって  >  交配犬 AM.CH Corralet Irving
  >  母犬 Carfi America > DNA遺伝性疾患検査報告書

AM.CH  CORRALET IRVING DNA遺伝性疾患検査報告書

コラレット GENETIC ANALYSIS REPORT


※ クリックすると拡大画像が表示されます。

 

 

 

 

 

解析レポート詳細

AM.CH CORRALET IRVING 解析レポート詳細

※ クリックすると拡大画像が表示されます。

 

カラー解釈について

TRAIT(S):
A-LOCUS AGOUTI - at/at - TAN POINTS MAY BE BRINDLED (SEE K LOCUS)
DILUTE MLPH GENE (BLUE/GREY) - DD - NO COPY OF MLPH-D ALLELE
K-LOCUS (DOM BLACK/WILD TYPE) - KK - DOMINANT BLACK WILL NOT BE BRINDLED or EXPRESS AGOUTI
EM-LOCUS MELANISTIC MASK ALLELE - En/En - NO MASKING EXTENSION ALLELE
E (EXTENSION) LOCUS MC1R - ee - YELLOW, GOLDEN, CREAM, WHITE or APRICOT
BLACK HAIR FOLLICULAR DYSPLASIA - NORMAL / CLEAR / NEGATIVE (NO VARIANT DETECTED)
BROWN (GLNT331STOP) STOP CODON (bs) - BB - DOES NOT CARRY BROWN or CHOCOLATE
BROWN (345DELPRO) DELETION (bd) - BB - DOES NOT CARRY BROWN or CHOCOLATE
BROWN (SER41CYS) INSERTION CODON (bc) - BB - DOES NOT CARRY BROWN or CHOCOLATE

A:at/at タンポイント。タンポイントはKの結果により、ブリンドルの可能性があり。
D:DD 希釈遺伝子を持っていない。希釈しない。
K:KK 単色ソリッドの因子を持っておりブリンドルまたはアグーチにはならない。
EM:En/Enマスクを発現させる遺伝子を持っていない。マスクは出ない。
E:ee イエロー、ゴールデン、クリーム、ホワイト、またはアプリコット系のコート
黒色毛胞形成異常症:Normal/Clear/Negative 原因因子を持っていない。発症しない。
ブラウン3種:BB/BB/BBブラウン因子を持っていない。

※ カラー解釈は、Orivet.jp にご回答いただきました。

Page Top

 


続きを見る