羽田空港で子犬のお迎えをするには

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

> 羽田空港で子犬のお迎えをするには > 伊丹空港> 中部空港> 千歳空港> 広島空港

羽田空港で子犬のお迎えをするには

子犬のお迎え場所は?

待ちに待った可愛いパピーちゃんのお迎えが近づいてきました。
羽田空港へお迎えなのですが、具体的には羽田空港のどこへ行けばよいのでしょう。
実は子犬の空輸は貨物扱いなんです。
でも、機内ではちゃんと空調の効いた場所へ乗せてくれますから、ご心配はありませんよ。

お迎えは通常の手荷物受取カウンターではなく、西貨物地区にあるANA / JAL それぞれの貨物
カウンター
(並んであります)でのお受取になります。
※ 混雑が予想される羽田空港では、子犬をお受取りになるまで、約30分程度はかかります。

 

ANA羽田空港貨物

東京都大田区羽田空港 3−1−1
TEL : 03 - 5757 -5652
ANA羽田空港貨物の地図

 

日本航空羽田空港貨物

東京都大田区羽田空港 3−1−1 W1棟
TEL : 03 - 5757 -3105
日本航空貨物案内図 (羽田)

 

西貨物地区までの案内図

羽田空港 西貨物地区案内図

西貨物地区案内図の拡大図はこちら

Page Top

アクセス

お車でのアクセス

  • 首都高速湾岸線「空港中央」「湾岸環八」インターチェンジ
  • 1号羽田線「空港西」インターチェンジ
  • 神奈川1号横羽線「羽田」インターチェンジ
  • 上記どちらかのインターチェンジで下車したら、国内線空港第1ターミナル到着ロビーの方向に向かって
    走って下さい。
  • まもなく、ビックバード(空港第1ターミナル到着ロビー)が見えてきます。
  • そのままロビー前を通過すると、標識が見えてきますので、環状8号線方面に向かって下さい。
  • その後すぐに、貨物地区への分岐の標識が見えてきますので、標識に従い 左折すると、西貨物入口です。

※ 西貨物への道路は、標識を見間違うとそのまま環状8号線へ入ってしまいます。
ゆっくり注意して走って下さいね。

 

バスでお迎え

  • 第1・第2ターミナルからは、到着ロビー出入口前 15番バス乗り場へ
  • 「空港内循環バス」または「新整備前循環バス」に乗車(乗車時間 約5〜10分)
  • 「西貨物」で下車、徒歩2分

※ バスはAM6:00 〜 PM10:00 まで、15〜20分刻みで運行(運賃 片道100円)

旅客ターミナルから

徒歩 約15〜20分
タクシー 羽田空港ターミナル前〜西貨物 約5分

Page Top

お迎えに必要な物

さあ、お迎え場所が明確になったところで、お持ちいただく物の最終確認をしておいてくださいね。

 

必ず必要な物です

お受取り時、身分証明書の提示を求められますので、免許証などは必ずお持ちください。

 

移動用のケージやカゴは必要ですか?

よくご質問いただきますが、必要ありません。

パピーちゃんは移動用キャリーの中に入って飛行機に乗りますから、そのままの状態でお家までお帰りになる
ことができます。

ご家族皆様がお車でお迎えに来られた場合ですと、パピーちゃんが嫌がらないようでしたら、ペットシーツを敷いた
お膝の上に乗せて、お帰りになっても構わないと思います。
※ 運転される方のお膝は危険ですので、お気を付けくださいね。

 

子犬は喉が渇いていませんか?

水分は飲むようであれば、アクエリアスやポカリスウェットなどのスポーツドリンクを飲ませてあげてください。
吸収がよいのと糖分があるので、低血糖などの時効果的です。

飲まないからといって、ご心配はありません。

 

その他

オシッコやウンチで汚れていることもありますので、カゴの下に敷くトイレシーツと体を拭くことができるように、
濡れタオルがあれば万全だと思います。

Page Top

お迎え後のお願い

無事にをお迎えいただきましたら、必ず移動用キャリーに入っている子犬の様子をご確認くださいね。

きっと、何もかも初めての経験で、飛行機の気圧の変化や音がかなり怖いはずです。
稀に、特に怖がった様子もなくニコニコ元気な子もいますが、普通はプルプルと かなり震えていると思います。

少し撫でてあげながら様子を見ていただいたら、子犬の様子をお知らせいただければありがたいのです。

 

ご自宅にお帰りになってから

飛行機に乗る日は、フードも普通より少なめか、時間によっては高栄養のゼリーを舐めただけの場合があります。
当然お腹は空いているはずですが、初めての経験で興奮状態が続いて、食欲が落ちる場合があります。

そんな時には、無理に食べさせる必要はありません。
ずっと食べないで過ごしていても、夜遅くにはだいたい食べてくれると思います。

そして、一晩過ごしたら、かなり慣れてくれ、元気になってくれるはずですよ。

もし万一お迎えの当日に、何かご心配なことがあるようでしたら、時間を問わずいつでもご連絡ください。

それでは、お迎えの日をお楽しみに♪

Page Top