2017年交配犬達を迎えるにあたって

Homeプロフィールお問合せサイトマップ

  >  2017年交配犬達を迎えるにあたって  >  交配犬 AM.CH Corralet Irving
  >  母犬 Carfi America

2017年交配犬達を迎えるにあたって

出産が少なくて、お待ちくださっている方には、本当にご迷惑をお掛けしております。

当ケネルの基礎犬ブラックのアイ(2006年生)× JKC.CHブラックのピクシー君(2001年生)
から生まれたレッドのヒカリ(2012年生)が交配犬として頑張っています。

そして、基礎犬ブラックタンのティンク(2008年)× JKC.CHブラックのピクシー君から生まれたレッドのベル(2011年生)、ヒカリ×ティンクから生まれたレッドのリリス(2015年生)、ブラックのエルヴァ(2015年生)と基礎犬ブラックのアイ× JKC.CHブラックのピクシー君から生まれたブラックのユメ(ヒカリの兄妹)、ユメの娘ブラックのノゾミ(2015年生)が、今後お母さん犬として出産する予定です。


イングリッシュコッカースパニエル 子犬ルーク

レッドのベルとブラックのノゾミ以外の子は、ヒカリの娘であるか妹ですので、新しい交配犬
とでなければ子犬は望めません。

 



イングリッシュコッカースパニエル canigou♂

2014年頃から、新しい交配犬を探すことととなりました。
当初、うちの黒パグをお任せしたハンドラーのMさんにお願いしました。

できればイギリスのCANIGOUラインのソリッドカラーが欲しいことを伝え、むずかしいならアメリカのDawnglow系でもOKと伝えました。

※ Dawnglow kennelオーナーSandy LaFlammeさんのFacebookページ

イギリスのいえヨーロッパの一流のイングリッシュコッカースパニエルのブリーダーは、アジア人には
犬を売らないとうことが、暗黙の了解としてあるようで、そういった厳しい状況を理解していなかった
からです。

 

ヨーロッパから犬を輸入する方法は他にもあります。
いわゆるパピーミルであれば、お金さえきちんと払えば 売ってくれます。

パピーミル??と怪訝に思われるでしょうが、ヨーロッパやアメリカのパピーミルを侮ってはいけません。
日本でいえばトップブリーダーといわれる犬舎と遜色ないほどの施設を備えていて、
(もしかすると、それ以上といえます。)
自家繁殖犬をショーに出し、 チャンピオン犬も沢山持っているにもかかわらず、売ることがメインの
いわゆる商業ブリーダーなので、犬をお金儲けの手段にしないブリーダーに比べ、パピーミルといわれます。

※ ヨーロッパのこういったタイプのブリーダーのことを、世界のトップブリーダーと呼ぶ日本の
ブリーダーはたくさんいます。
日本で言われるパピーミルとは全く別物なので、誤解なさらないように。

 

イギリスのCANIGOUケネルやアメリカのDawnglowケネルなどは、本業は別に持っていて、あるいは
資産家であったりで、犬をお金儲けの手段にしないで、本当に好きで趣味でやっている、まさしくこれが
シリアスブリーダーだと思います。

皮肉なことに、日本ではトップブリーダーと言われるブリーダーであっても、本業が犬に関する一切の
ことで収入を得ている犬のプロがほとんどですから、ヨーロッパやアメリカのシリアスブリーダーから
すれば、日本のブリーダーなんて、所詮が犬をお金儲けにしている商業ブリーダーでしょ と言われても
仕方のない現状がそこにはあると思います。

そういったシリアスブリーダーが、手塩に掛けて育ててきた大切な母犬が身を削って産んだ子犬を、
お金儲けを考える日本のブリーダーへなど渡すはずがありません。

 



イングリッシュコッカースパニエル canigou♂

話しが逸れましたが、結局は2015年5月にインター
ナショナルオールブリード ジャッジのKさんに、
イギリスCANIGOUの子犬をお願いしました。

2015年7月イギリスウィンザーチャンピオンショー
でのCANIGOUケネルオーナーのTricia Bentleyさん。
こうして現役でまだ出ておられるんですね。

← ブラックタン ♂2席の審査中の様子。
※ 画像はKさんの奥さまが撮ったもの。

この時に、子犬が生まれたら譲っていただけないかと
聞いてくださったんですが、返事はNOでした。

「うちには、今コッカーは7~8頭しかおらず、
人にお譲りするほどの出産をしていないので。」

当然といえば当然の返答なのですが…
残念で仕方ありませんでした。

 

CANIGOU COCKERは、うちの基礎犬達の4代祖にCANIGOU MR HAPPY がいます。

イングリッシュコッカースパニエル canigou♀

CANIGOUから迎えることができれば、ささやかながらもラインブリードができると思ったものです。
CANIGOUラインのイングリッシュコッカースパニエルを迎えることはやはり難しく、 諦めるしか
ありませんでした。

※ CANIGOU MR HAPPYは、交配犬CORRALET IRVINGの7代祖になります。

 

スペインのLOS OMBUES 犬舎からLOS OMBUES CALAIS を父に持つレッドの交配犬CORRALET IRVING
(2016年1月10日生)とLOS OMBUES CALAIS を祖父に持つレッドのお母さん犬候補のCARFI AMERICA
(2015年12月18日生)を迎えることになりました。

2頭は2016年5月にスペインから渡米し、 アメリカチャンピオンを取得するまでハンドラーの元で頑張りました。

 

・スペインからアメリカに到着してすぐのCORRALET&CARFI

 

交配犬CORRALET IRVINGは、PRCDとFNともにクリアです。
CARFI AMERICAはPRCDはキャリア、FNはクリアです。

交配犬CORRALET IRVINGが全てクリアなので、CARFI AMERICAがPRCDキャリアでも、
生まれてくる子犬は、50%クリア50%キャリア(この比率はあくまでも確率です)になり、
PRCDの発症はありません。

 


続きを見る

DNA遺伝性疾患検査結果についての詳細
DNA遺伝性疾患検査結果を考慮したブリーディング


 


続きを見る


続きを見る

Page Top